日本ミツバチ第1号の分蜂か!

長野市内の知人宅にお願いして置いた待ち箱に、日本蜜蜂の分蜂が入り一群を確認できました。

最高の元気をもらいました。まだ、一茶の里での分蜂は5月の連休過ぎかと思います。

年々減少傾向にある大切な日本蜜蜂の保護育成に、微力ながら頑張りたいですね。

今年は、長野県で登商標された『ヒスイそば』の花から咲いた【信州ブランど

ヒスイそばハチミツ】挑戦したいと考えています。また、楽しみが増幅しました。ご期待を。??

一茶の里・日本ミツバチの雄を確認

待ちに待った日本蜜蜂の雄の確認ができました。アカリンダニ等で長野県内の日本ミツバチ愛好家は、元気がありませんでしたが

今年初めて巣箱から元気に飛び出すオス蜂・花粉を沢山両足に付けて戻る働き蜂を見て、今年最高の元気をもらいました。

今後どの位の分蜂があるか楽しみです。

一茶の里では、今日の雨で桜が散り始めました、もう少し開花を楽しみたかったです。

また、今年は山菜が早く、一昨日自宅の山に入り「コゴミ・ノビル・タラの芽・行者ニンニク・山椒の芽等」を採り、家内に

天ぷらや胡麻和え、茹でものにして酒のツマミにして食しました。その味は将に季節の旬の味です。

この季節は、私は一番好きです。


やっと、ミツバチの分蜂の季節ですか?

自宅の日本ミツバチもやっと元気になり、花粉を贅沢に沢山運び込める様になりました。

やはり、蜂の動きを見ていると、凄く元気をもらい今、全てのことに頑張っています。

蜂を見ていて、自宅の蜂の分蜂は5月の初旬かなと思っています。全く知らなかった、

アカリンダニ、熊とアカゲラ以外の伏兵がいるとは全く考えもつきませんでした。

後の祭りですが、何時も一緒にいる人が全く知らず、アカリンダニで困っいるのを

全く知識不足で考えてもいませんでしたした。

この状況を何処かで情報発信や、注意の連絡があればもう少し被害なかったかもしれません。

次に話は変わりますが、やっと今頃になって(何時もなら4月の初め頃)ツバメも同地区で、

初めて確認できました。

先週に安曇野市の同期の友達から電話があり、何時もならもっと早くつばめを見るが今年は

遅いねと言われました、元気一杯な羽ばたくツバメを沢山見たいですね。



県下・日本蜜蜂の絶滅危機か対策を?

地区等の行事に追われて、中々記載ができませんでした。最近、特に自然界の日本ミツバチが

年々弱小化し、絶滅の恐れがあるように言われていますが、私も間違い無いと考えます。

今日も、飯田市の方から情報が寄せられ、飯田市内の日本ミツバチは全滅に近いとの事、また

阿南町・天竜村、松川町、南信濃村、松本市、上田市、、軽井沢町、長野市、須坂市、中野市、

信濃町も同様の現象が起きている現状です。

多くの情報を得て県の地方事務所に『もしか、アカリンダ二・マイマイガ・カメムシ等の消毒

等が影響がしているのではないかと』情報発信を致しました。

そして、家畜保健所にも現状をお知らせ下さいとお願い致しました。その結果をお待ちしています。

友人の話の中で蜂の動き等から『特にアカリンダニ・農産物の消毒』の可能性を強く感じております。

是非、国、県、市町村等で、できる対策や養蜂家へのご指導ご支援を頂くことを切に願っております。

このままでは日本から日本ミツバチをはじめ数々の昆虫が姿を消してしまいそうです。

農家の方も大変かと?。同業に聞いてみると、私方と同じに、元気にいた蜂が気が付いた時には、全て

巣内は空で蜂蜜は残っているとのことです。飼育の方法は変わっていないとのことです。

私も養蜂家を営む一人として、危機感を感じホームページに記載させていただきました。

重ねて、関係者等に情報発信をお願いしたい次第ございます、宜しくお願い致します。

信濃町「一茶の晩年」が 来年映画に?

信濃毎日新聞に記載、一茶さんの生涯が映画化される記事を読みました。(27.2.20付)

是非、長野県信濃町の情報発信をして、お客様の誘致にお力をお願い致します。


信濃町は、新潟県境に位置し、四季がはっきりして、農産物等(トウモロコシ・

そば・トマト・きゅうり・ナス・カボチャ・野沢菜・ボタコショウ等)が大変美味、


それ以外にも、国産日本ミツバチ「みつばちブンブンブン」の蜂蜜、商標登録

「一茶の里」として、また、長野県産「地蜂の佃煮」もブランド化されています。


是非、一度信濃町に見えた際は、お試しを?。お待ちしております。


長野県信濃町商工会議所ph「みつばちブンブンブン」

信濃町商工会議所のphに搭載されて、約一年以上になります。

当店商品は、会議所玄関内右側のウインドーケース内中央付近

にあります。(信濃町の地産地消商品・商工会員の商品)

機会があったら是非ご覧ください。事務局長さん等から懇切丁

寧に商工会の説明や信濃町の情勢を教えて頂くことができます。

長野県一茶の里「日本ミツバチ」の状況

にがつの巣

立春の日に、日本蜜蜂の様子を確認できました。

この調子で元気に育ってもらいたいものです。

私も日本蜜蜂に負けない様に厳寒の二月を乗り切りたいです。

長野県信濃町「みつばちブンブンブン」に降雪

ついに、自宅にも20センチ程の降雪がありました。

やはり、雪のある信州の方が「雪カマクラノ」の中に入っていて暖かいですね。

信州信濃町の高速道路や国道18号線は除雪体制が良いので、町では何時でも観光

の町としてお待ちしております。

野尻湖の「ワカサキ゛釣り」が好調・また、スキー場のペンションが大忙しと聞いております。

知人のペンションオーナーにも紹介することができます。

長野県信濃町hp「みつばちブンブンブン」

信濃町のhpのバナーに搭載され一年が過ぎようとしています。

一茶の里「みつばちブンブブン」は、更に進化して今年も、「観光と農業の信濃町」

を県外に強力に情報発信して参りたいと考えております。

賛同者は是非ご支援ご協力お願い致します。

連絡先 電話 026-255-2948

みつばちブンブンブン 代表 五味澤作衛

お待ちしております。


日本蜜蜂の蜂蜜は希少で安心安全です

最近よく見かける蜂蜜のラベルに、国産か外国産であるか、判別しにくい商品が

沢山出回っていることに気付きます。

日本蜜蜂の栄養価は西洋蜜蜂より、はるかに高く販売価格も高いものです。

希少でなかなか手に入りにくいのが日本ミツバチの現状です。

特に健康趣向を目指す方は是非、本物の日本蜜蜂の蜜を試してみて下さい。

商標登録「一茶の里日本蜜蜂」は心を込めて飼育し、商品化をしています。

長野県信濃町・信濃町商工会議所の公式バナー・どっこいネットに搭載され

更に長野県信州消防団員応援ショップ登録店舗に加入させて頂いております

安心安全が一番です。


<< 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 >> 44ページ中44ページ目