2017年8月

クマに日本蜜蜂の巣箱をやられたⅰ

の

朝一番に連絡を頂き見に行くと、野尻湖ヒスイそば畑で、クマに

日本蜜蜂の巣箱を壊され中身を全部食べられてしまった。 

昨年置いた場所で電気策をしないで管理できたのに考えが甘かった。

ハチミツも日本蜜蜂も全部食べられて、箱はメチャクチャだ。

ま

この箱も、ほとんど全滅状態だ。

設置した場所から5メートル以上動かされ、日本ミツバチは委縮

して全く動けない状態であった。

ち

余りにも可愛そうなので、自宅に持ち帰り、一回り大きい巣箱に

移し替えて見た。 一度クマに襲われた日本ミツバチは中々再生

ができないがアキラメズ面倒を見ることにしました。

な

この箱に入れて見ました、後はハチ次第です。 頑張れ・・

わ

いくらか落ち着いたのか少し動き始めました。

今までの経験で一度クマに襲われると動きが鈍くなり、すこしづ

つ蜂の数が減り消滅してしまうが頑張って欲しいものだ。

は

国道の咲きそろったコスモスの花を見て、クマの悪夢は忘れるこ

とができた。 やはり好きな花を見ると心が静まるか・・・ 


自宅付近の今の様子?

に

家の家族のチャチャです。

宜しくお願いします。

元気に悪戯しながら遊んでいます。

ら

ばちがいの山吹が所々に咲いています。

異常気象ですね。

え

芙蓉も、ポチポチ咲き終わり不用になりつつあります。

この夏、元気に旧北国街道を飾ってくれました。

さ

梨の実も大きくなり、無しにならないように管理したいです。

特に甘味が付くとハクビシンが雑食のため、木に登って食べて

しまいます。

り

虫の声も大部小さくなり、秋の終わりを感じています。

これはウマオイか?・・・

頑張ってもうひと鳴きして欲しい。

信濃町の一部散策結果は?

か

ナウマンゾウの博物館・運ばれてきた黒曜石・・・

せ

入口付近のコスモスが綺麗に咲き、管理が行き届いて素晴らしい。

ろ

色鮮やかなピンクの花は良いですね。

や

階段を上がると、いきなり水槽の中に亀が展示されていた。

何だか、この亀を眺めていると世の中の不景気が飛んでいきそうだ。

私も元気を頂戴した気持ちで一杯だ・・ありがたい。

ら

博物館で夏に募集して作成したナウマンゾウの歯のレプリカだ。

本物は展示室に管理されているそうだ。

は

これはレプリカではありません。 本物の日本ミツバチの巣箱。

ナウマンゾウのレプリカの色に似たところがありますね。

一万匹以上の蜂が活動しています。

よ

ひすいソバ畑です。

中央上のヒスイそばの花に日本ミツバチが止まっています。

つ

これが、日本蜜蜂です。

黒姫野尻湖パーキングは面白いぞ?

く

今日のファーマーズマーケット信濃町店の応援旗です。

れ

ナウマンゾウと二匹の貫禄あるワンちゃんを紹介します。

せ

どうです、このワンちゃんはナウマンゾウのつもりで、ご機嫌です。

ナウマンゾウより力強く迫力がありますね。

ナウマンゾウの門番を兼ねています。

また、皆様の交通事故防止も見守っている様です。

さ

どうですか、すごいワンちゃんです。・・(撮影許可済みです)

私もワンちゃんになりたいです・・・

可愛がられているワンちゃんは最高です。

そ

黒姫野尻湖パーキング内の休憩所です、中央に化石の塊が置かれ

昔、この辺が海であったことの証明がされています。

に

これが中央にあった化石の巻貝です。

ナウマンゾウの時代を思い浮かべることができます・・・

子供達の生きた見学と触ることが許されている場所です。

時間があったら「直ぐ近くにナウマンゾウの博物館があります」

よ

外来のハイ松の上で日光浴しているアオガエルです。

今年は昆虫や哺乳類、両生類がとても少なく感じます。

この優しい目を見ると雨上がりで身体を温めることが出来て、

幸福そうですね。

しっかり元気になる物を食べて、今から越冬の準備をして下さい。

ふ

これは、パーキング駐車場の芝の中に作ってあったアリ塚です

ヒアリではないので安心して下さい。 

ん

同じく、近くにあったキノコです、これは食べたことはありません。

雨が降ると色々な物が出現する面白パキングです。

昨年のお客様は、芝生で畑シメジを大きな袋に三袋を採って得意げ

に見せて行きました。私も以前仕事から好きでキノコのや野草の講

集会をして、区民と楽しんだことがありました。 正式な鑑定士で

はないので、保健所から講習会は出来るだけしないようにと指導を

頂戴し現在は確実なキノコについては、質問を受ければお話しして

います。 ただし食べた人には自己責任で食べるように説明いたし

ております。 でも、確認して見てお話しして四十年以上・キノコ

の食中毒に誰も当たっていません。

つ

これは、野ブドウです、長生きには焼酎漬けに実を漬けて半年位

で、飲めるようになり杯三分の一位毎日飲むと長生きできると先

生からご指導を受けたことがあります。 長生きすれば、必ず良

いことがあります。 更に、捨てる神があれば、拾う神があると

いわれて。私は「座右の銘」にしております。 体調の良くない

方も、飽きらめず力を出して頑張って下さい。

私は、一茶の里「みつばちブンブンブン」です。

ゆ

これは、今鳴いているカネタタキのオスで「やさしい声でリンリ

ンリン」と音を奏でる小さな虫です。 そのうちに小さな声にな

って、メスがたまごを土に産み付け死滅してしまいます。 まだ、

信濃町では「アブラゼミやミンミンゼミ・クマゼミ」は鳴いてい

ますが、「ヒグラシ」はめっきり鳴かなくなってしまいました。

み

黒姫野尻湖パキングは、自然が一杯で、私は昆虫やキノコ類、

両生類、高山植物、養蜂業、鯉の飼育、クリスマスローズ等が

大好きです。機会があれば、チョウチョの撮影にも挑戦して見

たいと思います。 キリギリスは小さな昆虫を貪っています。

小さいときから、昆虫・スポーツ・科学・数学・国語・特に読書

や英語等の外国語に挑戦して欲しいと思う一人です。




 

黒姫野尻湖パーキングの様子は?

む 

黒姫野尻湖パーキングの様子をうかがうクチブトカラスです。

このカラスは非常に頭がよく、目が遠くまで確認できテリトリー

もありクチホソカラスより大雑把な鳥で雑食で何でも食べます。

く

ピンクの萩が一部咲き始めました。

ま

萩の花にモンシロチョウが蜜を貪っています。

なかなか動く蝶は撮るのが難しいですね。

ゆ

同じ仲間の蝶ですが萩の花が好きなようです。

 は

これは、素人にしては上手く撮れたかなと思っています。 

に

パーキングの外来の五葉松から顔を出して日光浴しているカナヘ

ビの太郎です。 宜しくね。

て

同じく、まさに風に乗って飛び出そうとしているタンポポの種です。

また、外来種が増えてしまい、困ったものです。

た

この草花も外来種ですか、黄色は注意信号か?

す 

久々にパーキングから見える妙高山です、山がスッキリ見えるの

は二週間ぶりです。 やはり観光地一茶の里は、景色と農産物で

勝負・・こんな自然が沢山あり、信濃町の素晴らしさを探せばき

りがありません、野菜は甘味と香りがあり一味美味しいですね。


ひすいソバ畑に「日本ミツバチ」を設置ⅰ

の

ひすいソバ畑に日本ミツバチが花粉付けをしている様子です。

の

同上・ひすいソバの花に止まり蜜を吸い取っているか?

き

日本ミツバチが受粉活動をしています。

せ

ひすいソバ畑にスズメが沢山舞い下りて花を摘んでいます。

これは、大変だ、何とかしなくては?

か

近くに西洋ミツバチの巣箱が設置されていた。

さ

巣門の前には、スズメ蜂の捕獲器が備えられ、沢山のスズメ蜂が

入っていた。 嫌な蜂である。

わ

これは、吾輩の「みつばちブンブンブン」の巣箱であるが、スズ

メ蜂は付近に見当たらなかった。 有りがたいことである。

か

その隣には、シオカラトンボが太陽の陽を浴びている。

如何にも、田舎の自然な畑である。

今日は山の日・元気を出してⅰ

ろ

今日は、山の日です。 国旗を揚げてから高速・黒姫野尻湖パー

キング・ファーマーズマーケット信濃町店に向かいました。

天候・曇天ではありましたが、お客様は最高にお見えになりました。

ひ

物置の西側の芙蓉を眺めてからの出勤、心の余裕がありました。

お客様の財布の紐が固く、店には犬連れのお客様が特に多く感じ

ました。

の

消毒のしない軟水の梨の木に実が見え始めました。

何時食べれるのか、また、ハクビシンに食べられてしまうのか、

心配しながら見守ります。


自宅の敷地内は自然農法?

;

赤色の芙蓉です、赤色も夏らしくていいですね。

お蔭様で県下も台風の影響がなく感謝しています。

ま

赤色の次は、ピンクの芙蓉です、不用なんて言わないで下さい。

;

ソルダムです、日本ミツバチを飼っているので消毒をしません。

結果は虫だらけです。 食べれなくても・・・

す

頂いた色ナスです。 2週間位でこんな様子です。

もう少しで食べれます。 自然農法を得意としています。

き

春先、水仙をニラと間違えたものです。

水仙には余り匂いはありませんが、ニラは餃子の匂いがすると

思えば簡単に見分けられます。 黄色い花の咲くものは殆どか゛

毒があると・・・ 信号機の黄色と思って下さい。

日本ミツバチの強制分割の写真は?

む

この巣を2分割した日本ミツバチの巣箱です。

この中に5枚群が無王のまま入っています。

今日で5日目(8月3日に分割)です。

け

こちらの巣箱は、4枚入りの女王いりです。

女王は元気に動き回っていました。

あ

この巣は無王群で蓋を外した様子です。

5枚群です。

ん

この巣の左端から2匹連なっている位置に王台が1個あります。

箱の蜜入れから3番目の巣です。

み

この写真の中央に王台が見えます。

完全に蓋がされています。

ほ

3枚目を抜いた様子です。 純不同で紹介です。

り

蜜入れから4番目の巣です、上手く4個の王台が出来ています。

形から見ても正規の場所に作られています。

本来、巣の真中周辺に沢山の変性王台作られるのが、普通ですが

こんな位置に分割してできたのは、西洋ミツバチ以外に初めての

経験で良い勉強になりました。

また、初めて分割をして、ここまでは成功しています。

この巣には5個の王台があるので、これを何個の巣に分けるかこれ

からの課題です。

つ

同上・王台付の巣を巣箱に置いて撮影しました。

こ

5個の王台の付いている巣箱です。

整えて巣箱の蓋をして終了です。

今後の王台の色を観察しながら分割します。

この写真により日本ミツバチの分割で王台のできることの証明が

できました。 写真説明は終わりです。

ミツバチの強制分割の結果は?

結果から報告します。

日本ミツバチの王台ができました。

結果は、西洋ミツバチの巣枠9枚群を

4枚と5枚の2群に分けた結果です。

最初に、5枚群を確認すると内側から

3枚目に変性王台ではなく正式な王台

1個が一番下側の中央付近にできていました。

他の2枚については王台があるかの確認は

してありません。 刺激をしないため。

2群目の4枚郡には、女王がいるかの確認を

すると元気な女王が動き回っていました。

何故・変性王台でなく一般的な王台が出来たかは

不思議です。 たまたま、良い位置に卵が産みつ

けられていた結果とは思いますが。

成功して卵を産めるようになれば成功です。

写真は撮ってありませんが後日撮るつもりです。


<< 1 2 >> 2ページ中1ページ目