2016年12月

蜂の子の佃煮・一茶の里で商標済み!

3・4年位前から、地蜂(黒スズメバチ・ヘボ等)は極端に減少しました。

どうしてでしょうか。温暖化の影響か、農薬のネオ系(ニコチン関係か)

ストレス等か、はっきり分かりませんが、カエルやホタル、へび・ツバメ

が極端に田舎に減少しったことは、わたしも確認しています。地蜂の捕獲

は以前標高500メートル前後でしたが、今は山の1000メートル以上で苦労

して専門家は生活の糧としているそうです。 是非、絶滅危惧種にならな

いように保護をしてい欲しいですね。 


野沢菜と鮭の燻製・蜂の子は!

夕飯に家内が漬物の「野沢菜」を出してくれた。また、朝方、牛肉の芋煮を

食べたいと話すと、早速に時間を掛けてダシを取り心を込めて一品を作って

くれた。 味は最高でお代わりをしてしまった。  酒のツマミには愛情の

こもった物は最高だ。 「蜂の子」と牛肉の芋煮・「地蜂の佃煮」さらに、

最後のデザートは、プレミアム「ユズ入り日本ミツバチの蜜」フジリンゴ

に豪快に掛けた贅沢は無い。 納得して、日本酒菊水「ふな口」を3本、

缶ビール数本を飲み干し、一日の反省と明日への元気を頂戴し、ご馳走に

なり、お風呂に入り無地就寝です。 また、 明日も平和な信州信濃町の

活気のある『一茶の里』を祈ります。

12月の晴天は珍しい・「蜂の子の佃煮」は!

最近になってこんなに良い天気は、身も心も洗われる。

北信五岳も透けるように綺麗に映り、国道18号線上で

写真家が車を止めてカメラのシャッターを切っている。

何れも県外車両であり、一茶の里信濃町は自然豊かな

宝物の宝庫である。 私も自然に憧れて、日本蜜蜂の

飼育と昆虫食の「蜂の子」を佃煮にしている一人である。

大祓い無事終了・欲かいて『地蜂の佃煮』も!

地区の大祓い無事、滞りなく終了しました。

最後に、お礼以上に欲をかいて『地蜂』の

『佃煮』が、今年以上に、来年も売れます

ように、お願いをしました。

小雪がちらつく中、宮司さんと共に「坂上神社」

の階段を来年に期待し・・・・・。

坂上神社あす大祓い・国産蜂蜜は!

明日早朝より、坂上神社の大祓いの準備があります。

午後は氏子総代長宅に集合して、戸隠の諏訪宮司さん

の元、地区が良い年になるように神社で祈願を。最後

に私も身内も元気になるようにとお願い致しました。

天候が外れ国産「みつばちブンブンブン」元気か!

最近中々天候が当たらず、自然界の事は外れてあたりまいかと思います

飼養している日本ミツバチは「一茶の里・みつばちブンブンブン・ひすいそば蜂蜜

の飼育に付いても大変です。是非・日本から絶やして欲しくない昆虫のひとつですね。 


一茶の里「冬将軍」三泊四日か!

今夜の天気予報では、一茶の里「みつばちブンブンブン」も降雪になりそうだ。

予報が外れて欲しい一人であるが、スキー場関係者はもっともっと降って欲しい。

聞くところによると、あと30センチは欲しいとのこと。 適度な雪はあった方が

落ち着く、災害が起きるほどは入らないか。 今は、一等星が良く確認できるが

明日、起床時の雪が心配だ。 一茶の里、ついに冬ごもりか「一茶の里日本蜜蜂」

にも頑張ってもらいたいものだ。

一茶の里「みつばちブンブンブン」冬囲いか!

やっとのことで、池の雪囲いが出来て一安心か。

でも、雪は多そうだがラニー二ャ現象か何だか

分からないが、積雪は昨年並みでお願いしたい。

今までにない程の、時間を掛けたので池の鯉さん

には来春、元気な顔を見せてもらいたいものだ。

同じ様に日本蜜蜂も元気に越冬して頑張って欲しい。


我を忘れず・忘年会が次々と!

電話が鳴れば、何だろうかと心をトキメカシて出れば

忘年会の日程の打合せ。 昔の昔なら・・・・・・か?

今は、自分の年を忘れない、我を忘れないことが一番

大切かと思うこの頃である。 でも、自分ではまだまだ

若い、昔のつもりでは、いるが相手が納得しない。

もっともっと元気で何でも挑戦して頑張りたい。 

『ところで明日は、何日でしたか。』?・・・

ひすいそば蜜とジビエシカ肉燻製は!

地元のお店の方にシカ肉の燻製をお願い致しました。

以前に頂戴したシカ肉燻製が、あまりにも美味く私の

欲する味に極めて近い。 だから、またお願いをして

しまった。 一週間くらいで出来上がるそうだ。

今日の反省と明日への願いを兼ねて、今日は日本酒で。 

<< 1 2 3 >> 3ページ中2ページ目