危険蜂の様子と花はどうですか?

つ

黄色スズメバチの様子です。 これ以上近づくと刺されます。

羽根を動かし威嚇して、今にも飛び出しそうです。

こんな写真でも、はこを移動する際は命がけです。

蜂の動きの死角をを知らないと大事になります。

まだまだ、勉強が必要かと考えております。

け

ランのキンリョウヘンが満開となり、日本ミツバチが飛んできた

ので、家の中に退散。

き

日本ミツバチが少ないのに、こんなに沢山咲いたのは初めてです。

せ

赤く熟した実は、田植グミと地方では言い、丁度田植ころに実が

付きます。 食べると甘味のある癖のない味です。

か

全て私が畑で、育成している白色に黄色がかったシャクヤクです。

れ

これも綺麗ですね。

し

この花は比較的多くみますかね。

ほ

花の色は毎年変わりつつ、趣味の世界は追いつきません。

夜間も休まず研究者に対して尊敬してしまいます。

更に、珍品・珍品種の作出を願っております。


お手数ですが、下記入力項目に「コメント」と入力して下さい。

タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL